コンドリアーゼ腰椎椎間板ヘルニア治療剤「ヘルニコア」治療始めました

ヘルニコアは椎間板内に酵素を含んだ薬剤を直接注射して、ヘルニアによる神経圧迫を弱める治療です。

ヘルニコアイメージ図

ヘルニコアの治療⼿順

  1. レントゲン台に横になり体の位置を調整します。X線でヘルニアのある椎間板を確認しながら、針を刺す場所を決めます。
  2. 針を刺す位置を消毒します。
  3. ヘルニアのある椎間板内に針を刺し、ヘルニコアを注射します。
  4. しばらく安静にします。薬による副作用がないかなどの確認をします。
  5. 当院では、現在1泊2日の入院して頂き、問題が無ければ帰宅して頂きます。

ヘルニコア治療の注意点

過去にヘルニコアによる治療を受けた⽅は再度ヘルニコアの治療を受けることはできません。また、以下に該当する⽅はヘルニコアの治療に注意が必要です。治療前に必ず医師に相談して下さい。

  • アレルギー体質の⽅
  • 「腰椎不安定性」の疑いがあると医師から⾔われたことがある⽅
  • 変形性脊椎症、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症などヘルニア以外の脊椎疾患のある⽅
  • 骨粗鬆症、関節リウマチのある⽅
  • 妊娠中の⽅、妊娠している可能性のある⽅、授乳中の⽅

ヘルニコア治療による⾼額療養費について

  • この治療は医療保険適応ですが、薬剤治療および1泊2日入院となりますので、⾃⼰負担額3割でおよそ60,000円となります。
  • 一定の⾦額(⾃⼰負担限度額)を超えた部分が払い戻される高額療養費制度がありますので事前に加入する医療保険に申請書を提出し、「限度額適用認定証」の交付を受けることが出来ます。
  • 保険外併用療養費の差額部分や入院時食事療養費、入院時⽣活療養費の⾃⼰負担額は対象になりません。